スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.03.15 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    プリンシパルのノウハウを知ることであなたのバレエも飛躍的に向上できる

    0
      自分らしい踊りができるようになって、バレエは本当に楽しくなります
      今回、バレエを本気で上達したい方へ、「橘るみのバレエ上達練習法」を作成しました。

      今まで、現役のプリンシパルがどのようにバレエに挑み、
      どのような練習を行い、どのような準備、マインドで舞台に立っているのか。

      効果的なバレエ上達法・練習法について、公開される機会はほとんどありませんでした。




      数多くの有力なサポートで支えられてきたプリンシパルのノウハウを知ることで、
      あなたのバレエも飛躍的に向上できるでしょう。

      教材の内容をご紹介します。

      バレエを踊る魅力
      プリンシパルが考えるバレエの魅力とは?

      プリンシパルとして踊るプレッシャーを跳ねのけた考え方
      グランドバレエの主役を任される重圧、絶対失敗できないというプレッシャー、
      プリンシパルとしての心の重圧をどうやって跳ねのけたのか?

      バレエを上達する上で一番重要なこととは?
      歳を重ねるごとに重要性に気づいた、自分をコントロールしやすくなるポイント

      自分にしかできない素晴らしい踊りに近づいていく
      自分だけの演技、自分らしい踊りができるようになるには

      素敵なバレリーナになれる3つの条件
      足が太いなど体型についてコンプレックスを持っている方必見。

      毎日の練習のモチベーションを上げるには?
      いつものレッスンも新鮮な気持ちで受けられる

      自分の重心・軸を探す
      自分の中の感覚を少しずつ調整しながら見つける

      バーレッスンの目的
      パを進化させるだけでないバーレッスンの本当の目的について

      レッスンをより効果的にする方法
      新しい発見ができるようになる




      パの上達法
      パをより正確にするには

      意識しなくても体が動くようになる
      バーレッスンでの基本を徹底することで、センターで意識しなくても体が動くようになる。

      役をもらってから仕上げるまで最も重視すること

      練習を楽しくする工夫

      役作りについて
      どのように役作りする?何を大事にする?

      パの表現力をUPする方法

      時間がなくても上達できる

      音への感性を高める

      レッスン時のパの感情について

      レッスン、舞台の復習
      いつどのような復習をすると効果的か?

      舞台での表現の付け方
      実はここまで考えて踊っている

      細部まで表現できるようになる




      プリンシパルの日常生活のこだわり
      起床時間、1日の食事内容など

      ケガをしない体、体力を付けるには?

      バランスを上手くみせる

      回転がキレイに簡単にできる方法
      背中を入れる感覚で2回転も出来るようになる

      ジャンプが大きくできる

      30代、40代と歳を重ねてバレエをする魅力

      イメージトレーニング

      自分の踊りを客観視できるようになる練習法

      舞台で緊張しない考え方
      なぜ本番で気持ちよく踊れるのか?
      本番に対する気持ちが楽になる

      舞台直前で行うこと
      ゲネプロから本番までに行うこと
      本番直前に行うおまじない

      悪い批評も気にならない考え方
      プロになると時として悪い批評も書かれる。
      その批評もまったく気にならないプロの考え方

      バレリーナとして大きく成長したきっかけ

      トゥシューズで踊れるようになる

      筋肉痛にならなくなる予防法

      DVD教材の詳細解説
      DVDでは説明しきれなかった解説も入っています。
      など

      DVDの内容についてです。(69分)

      効果的なバレエストレッチ法

      前後の脚上げをキレイに高く行うための筋トレ法

      9つのバーレッスン(初級、中級)
      ドゥミ・プリエ、タンジュ、ジュッテ、ロン・ドァ・ジャンブ・ア・テール、フォンデュ、フラッペ、アダージョ、
       グランバットマン、リンバリング

      プリンシパルのバーレッスン応用1(中級)
      ※実演:橘るみ

      プリンシパルのバーレッスン応用2(中級、上級)
      ※実演:橘るみ

      3つのセンターレッスン、ポイント解説付き(中級)

      眠れる森、ドンキホーテ、エスメラルダよりヴァリエーション
      ※実演:橘るみ




      もし、プリンシパルに今回のような内容を教えて欲しいと考えても、それが実現することは容易ではないと思います。

      このバレエ教材はプリンシパルのノウハウや経験を知ることができ、
      また、3種類の考えられたバーレッスンなどを実際に繰り返し練習できます

      効果的なバレエ上達法・練習法について

      0
        ちょっとした考え方や取り組み方がわかると、バーレッスンも面白くなり、
        速くバレエが上達するのです。

        「今日もまた同じバーレッスン?」
        「同じ練習の繰り返しで上達するの?」

        毎回のバーレッスンにうんざりしていませんか?

        先生に言われたことだけをただ受け身でやっているだけでは
        大きな上達は期待できません。

        バーレッスンの時に何を考えながら練習するか、どのように取り組むかで
        後々の成果に大きな差が出ます。

        センターで意識しなくても体が動くようになるのは、バーレッスンの取り組み方によります。




        「表現力をUPするために何を練習したら良い?」
        「表現力を上げるコツなどを書いた本がないけど?」

        表現力アップ法については教科書や本にも載っていなくて、
        一般的にそのような方法はないと思われがちです。
        しかし、そのようなことはありません。

        動きや注意することばかり考えて踊っていると、踊りが機械的になってしまいます。
        機械的な踊りを繰り返していると、いざ表現を付けるときに、ぎこちない表現になってしまいます。

        バレエは芸術ですので、“表現”がとても重要です。

        練習のときから、2回に1回は動きや注意することを考えずに、
        表現のことを考えて踊ってみましょう。

        では、具体的にどのようなことを考えて踊ると良いのでしょうか?

        表現力に差が出る考え方、練習法、舞台での表現の付け方をお伝えします。

        表現力をアップすることは、意外と難しくないのです。

        そして、自分らしい踊りができるようになって、バレエは本当に楽しくなります。




        今回、バレエを本気で上達したい方へ、「橘るみのバレエ上達練習法」を作成しました。

        今まで、現役のプリンシパルがどのようにバレエに挑み、
        どのような練習を行い、どのような準備、マインドで舞台に立っているのか。

        効果的なバレエ上達法・練習法について、公開される機会はほとんどありませんでした。

        数多くの有力なサポートで支えられてきたプリンシパルのノウハウを知ることで、
        あなたのバレエも飛躍的に向上できるでしょう。

        教材の内容をご紹介します。

        バレエを踊る魅力
        プリンシパルが考えるバレエの魅力とは?

        プリンシパルとして踊るプレッシャーを跳ねのけた考え方
        グランドバレエの主役を任される重圧、絶対失敗できないというプレッシャー、
        プリンシパルとしての心の重圧をどうやって跳ねのけたのか?

        バレエを上達する上で一番重要なこととは?
        歳を重ねるごとに重要性に気づいた、自分をコントロールしやすくなるポイント

        自分にしかできない素晴らしい踊りに近づいていく
        自分だけの演技、自分らしい踊りができるようになるには

        素敵なバレリーナになれる3つの条件
        足が太いなど体型についてコンプレックスを持っている方必見。

        毎日の練習のモチベーションを上げるには?
        いつものレッスンも新鮮な気持ちで受けられる

        自分の重心・軸を探す
        自分の中の感覚を少しずつ調整しながら見つける

        バーレッスンの目的
        パを進化させるだけでないバーレッスンの本当の目的について

        レッスンをより効果的にする方法
        新しい発見ができるようになる

        パの上達法
        パをより正確にするには

        意識しなくても体が動くようになる
        バーレッスンでの基本を徹底することで、センターで意識しなくても体が動くようになる。

        役をもらってから仕上げるまで最も重視すること

        練習を楽しくする工夫

        役作りについて
        どのように役作りする?何を大事にする?

        パの表現力をUPする方法

        時間がなくても上達できる

        音への感性を高める

        レッスン時のパの感情について

        レッスン、舞台の復習
        いつどのような復習をすると効果的か?




        舞台での表現の付け方
        実はここまで考えて踊っている

        細部まで表現できるようになる

        プリンシパルの日常生活のこだわり
        起床時間、1日の食事内容など

        ケガをしない体、体力を付けるには?

        バランスを上手くみせる

        回転がキレイに簡単にできる方法
        背中を入れる感覚で2回転も出来るようになる

        ジャンプが大きくできる

        30代、40代と歳を重ねてバレエをする魅力

        イメージトレーニング

        自分の踊りを客観視できるようになる練習法

        舞台で緊張しない考え方
        なぜ本番で気持ちよく踊れるのか?
        本番に対する気持ちが楽になる

        舞台直前で行うこと
        ゲネプロから本番までに行うこと
        本番直前に行うおまじない

        悪い批評も気にならない考え方
        プロになると時として悪い批評も書かれる。
        その批評もまったく気にならないプロの考え方

        バレリーナとして大きく成長したきっかけ

        トゥシューズで踊れるようになる

        筋肉痛にならなくなる予防法

        DVD教材の詳細解説
        DVDでは説明しきれなかった解説も入っています。



        バレエを上達するコツや練習法を公開します

        0
          バレエを上達するコツや練習法がほとんど公開されていません
          「練習を重ねてもなかなか上達しない」

          「センターで上手く踊れない」
          「脚を高く上げれるようになりたい」
          「表現力をアップしたい」
          「今、私が行っている練習は正しい?」


          もし、あなたが同じ様に悩んでいるのであれば、
          このページに書かれている事はとてもためになると思います。

          実は、今までバレエを上達するコツや練習法がほとんど公開されていませんでした。

          そのようなノウハウを持っているトップクラスのバレリーナは
          舞台などで忙しすぎたり、教育に力を入れなかったり、
          理由は様々だと思います。

          しかし、今回、一人でも多くの方にバレエを上達していただき、
          バレエの魅力、楽しみを日本中に広めたいとの想いで、
          私(橘るみ)のバレエ上達ノウハウを初公開します。




          市販されているバレエ教材を見てみると、ほとんどが初心者向けのバーレッスン、
          そして優秀な生徒を指導するバレエレッスン教材です。

          「基礎ばかりのバーレッスンはいらない・・・」
          「上手な生徒の指導を見ても私には合わなかった・・・」

          と思われるのも良くわかります。

          とても重要な教材
          初心者から中級者へ、そして、
          中級者から上級者へ上達するための教材というものは本当に少なかったのです。

          今回、まさに“バレエの上達”をテーマにし、
          そのための題材をいくつも考えました。

          例えばバーレッスンにしても、初級から中級者用、
          中級者用、そして、更に高度な要素を入れた上級者用と3種類も取り入れています。

          このバーレッスンだけでも上達できるように内容をすごく考えました。

          どの位考えたかと言うと、
          旅行中にも頭から離れず、プールに入ってまで考え込んでしまって
          顔黒になってしまったぐらいです(本当です)


          バレエにも様々な“コツ”というものがあります。

          ちょっとしたことで、ぐーんと上達できることもあります。

          私のノウハウや経験をできる限り詰め込みましたので、きっとあなたにも
          お役に立てると思います。



          バレエを始める

          0
             バレエを始める

            バレエをしている人はとても体が柔らかいのですが、
            あなたは、体が柔らかい人がバレエをやっていると勘違いをしていませんか?

            もしそう考えているとしたらそれは、間違っています。

            たしかに体の柔らかさには個人差があるのですが、
            正しいストレッチを続けていくことでどんなに体が硬い人でも
            柔らかくなっていくのです。

            ただし、間違ったストレッチでは体を柔らかくするどころか
            ケガをしてしまいますので、正しいストレッチのやり方を
            しなければいけません。

            バレエをやっている人の体が柔らかい理由は
            この正しいストレッチを行っているからなのです。

            バレエを始めて正しいストレッチをおぼえると
            体が柔らかくなりケガをしづらくなるだけでなく、
            健康な体を手に入れることができます。

            ですから今、あなたの体が硬いからといってバレエを始めることを
            あきらめる必要はまったくないのです。


            腰痛解消法
            首痛・肩こり 治療法

            バレエを上達

            0

              バレエを上達

              わたしが、このサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

              バレエを優雅に踊れるようになりたいと
              思っている人があまりにも多いから


              バレエ教室 小山久美 大人から始めるバレエレッスン

              そして、その人たちに楽しみながらバレエを上達していただくためです。

              突然ですが、
              あなたは、「プリマダム」というドラマを知っていますか?


              これは2006年に放送されていた黒木瞳さん主演のドラマです。

              このドラマの内容は、パート勤めをしているふつうの主婦が、パートの勤務先の
              近くにバレエ教室ができたことで、いままでの夫や子ども中心の生活から飛び出し
              もう一度、自分の青春時代を取り戻そうとバレエを始めるストーリーです。

              なぜこのドラマの話をしたのかというと、
              じつは、このドラマが放送されてからバレエを始める人の
              年齢層が変わってきたからです。

              このドラマの放送前は、バレエ教室で教える生徒さんは子どもが
              圧倒的に多かったのですが、ドラマ放送後は40代以降の生徒さんが
              どんどん増えてきています。

              正直、
              大人になってからバレエをやりたいという人が、
              これほど多いということに驚きました。

              バレエの指導者としては、とてもうれしいことです。

              でもわたしの中で、
              なぜ、ドラマ放送前は大人の生徒さんが少なかったのか?
              という疑問がありました。

              そこで大人の生徒さんに聞いてみると、
              バレエのドラマを見る前までは、
              大人がバレエをやるのには年齢的に遅すぎると
              感じていたことや、体が硬かったりスタイルも
              気になりバレエ教室に通うのは恥ずかしい

              とバレエをやることを自分であきらめてしまっていたのです。

              実際にわたしはバレエ教室で40歳以上の生徒さんを対象にしたクラスで
              これまで何百人の生徒さんを育ててきた実績があります。

              また、テレビからも注目していただき、
              NHK 教育「おしゃれ工房」、NHK 総合「生活ほっとモーニング」、
              日本テレビ 「おもいっきりイイ!!テレビ」などに、大人から始めるバレエについて
              取材されて来ました。



              あなたは、バレエを習い始める年令はいくつからだと考えますか?

              日本ではバレエを習い始める年令が3才からという考え方
              がいつの間にか定着しています。

              ですが、よく考えてみるとおかしな考え方だと気がつきます。
              海外ではバレエを始める年令が3才からという考え方はありません。

              そのほかに、バレエ以外の習い事を考えてみると
              社交ダンスやヨガ、日本舞踊やフラダンスそしてエアロビクスなど
              どれもバレエのように年令がいくつからという考え方はありません。

              ですから、そもそもバレエを始める年令を考えることは必要ないのです。

              さきほども書いたとおり、わたしのバレエ教室には40才を過ぎてから
              バレエを習う生徒さんはたくさんいます。
              年令を気にしてバレエをやることをあきらめてしまうことは、
              とても残念なことだと思います。

              バレエを始めるのに年令は関係ありません。



              初心者でも10日間でピアノが弾けるようになります
              初心者でも28日で弾ける!簡単ピアノレッスン

              | 1/2PAGES | >>

              PR

              calendar

              S M T W T F S
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              31      
              << December 2017 >>

              女性向けリンク

              selected entries

              categories

              archives

              recommend

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM